ヴィッキーズについて

ご挨拶

東京羽田ヴィッキーズは、東京都大田区を中心として都内全域で活動する東京都で唯一のWリーグ(バスケットボール女子日本リーグ)所属のプロクラブチームです。
私たちはトップリーグ(1部)での優勝という夢を追いながら、厳しいトレーニングを積んでライバルチームにチャレンジしていきますが、同時に、地域の皆様との協働によって明るく健やかな生活、多くの人々の交流が生まれる活力のある街づくりを目指すために、スポーツを通じて社会・地域貢献をしていきます。
また、青少年の心身両面の健全な育成と規範意識の向上指導のために、スポーツ機会の充実を目指して学校やスポーツクラブでのバスケットボールクリニックを開催し、地域に密着したクラブチームとしての役割を果たしていきます。加えて、東京羽田ヴィッキーズは地元大田区の魅力を区内外に積極的に発信するため「大田区観光PR特使」にも任命されております。
東京羽田ヴィッキーズは皆さまに愛され地域をもっと元気にするチームを目指して成長を続けていきます。

代表理事 髙野 稔

活動理念

『地域と共に歩み、皆さまをもっと元気にします。』

私たち東京羽田ヴィッキーズは
地域の皆様の心に夢・希望・感動を
送り込む活動を展開します。

そして、あなたの夢や希望や感動が
チームの原動力となり
笑顔と活力のある街づくりに貢献する為に
地域から日本一のクラブを目指します。

活動方針

① 地域で感動や夢を共有します。
クリニック・学校授業・地域イベントに参加します。
地域の一員として皆様と感動や夢を共有させてください。
チームの戦いを通じて、スポーツが生み出すエネルギーを
地域の活力に還元することで、皆様を元気にします。
② 地域の活性化を共に目指します。
Wリーグ公式戦やメディア露出を通じて地域を全国にPRします。
観光・産業・教育など地域のPR活動を行います。
ホームゲームをスポーツエンタテインメント(見るスポーツ)と位置付け
スポーツ視点から地域活性化の一旦を担います。
③ 子供達の夢を育みます。
プロスポーツチームとして地域活動を通じて、
地域社会の子供達をもっと元気にします。
選手が子供達の目標となり、直接コミュニケーションをとる事で、
子供達に夢や希望を持つ機会を生み出します。

歴史

東京羽田ヴィッキーズ女子バスケットボールクラブは、前身の荏原製作所「荏原ヴィッキーズ」が大田区に誕生して約40年経ちます。企業チームとして地域貢献やバスケットボール普及に努めてきました。2013年より「羽田ヴィッキーズ」としてクラブチーム化を行い、地域に密着・浸透した活動を目指してまいります。2017年より2020年東京五輪に向け、東京が大きく注目を浴びる事、より上の順位を目指すことの考えから、チーム名に「東京」を加え、「東京羽田ヴィッキーズ」に変更すると共に、ホームゲームを港区、中央区、練馬区などの体育館でも行っていることから、活動範囲を東京都大田区を中心とする都内全域とします。

・年表
1971年・・・・・荏原製作所の女子バスケットボール部が創部される
1990年・・・・・荏原グループあげての後援会が発足
2000年・・・・・秋季関東実業団選手権大会 初優勝
2006-2007年・・ WIレギュラーリーグ2位 11勝5敗
2008年・・・・・第63回国民体育大会成年女子東京代表 優勝
2011-2012年・・ W1レギュラーリーグ3位 10勝6敗
2012-2013年・・Wリーグ(1部)が1リーグ制となりWリーグ参加 5勝17敗 (※エバラヴィッキーズとして)
2012年・・・・・一般社団法人羽田ヴィッキーズ女子バスケットボールクラブを設立
2013-2014年・・ Wリーグ 4勝29敗 12チーム中 11位
2014-2015年・・ Wリーグ 2勝28敗 11チーム中 10位
2015-2016年・・ Wリーグ 5勝20敗 11チーム中  9位
2016-2017年・・Wリーグ 10勝17敗 12チーム中 8位
2017年・・・・・チーム名変更「羽田ヴィッキーズ」から「東京羽田ヴィッキーズ」

・チーム名
「東京羽田ヴィッキーズ」前身の荏原製作所時代に公募により「ヴィッキーズ」と決定。

img_logoimg_origin

社団立ち上げの際に、大田、東京、羽田などの候補が上がったが、大田区のシンボルでもあり、今後東京の玄関口となる「羽田」を採用。地域のブランドイージとチームの今後の活躍がリンクするように願いを込めました。

東京羽田ヴィッキーズの後援会長

taira
平 将明(たいら まさあき)

内閣:内閣府副大臣
(地方創生、国家戦略特区、クールジャパン戦略などを担当)

その他:大平正芳記念財団評議員/大田まちづくり芸術支援協会(ASCA)理事

 

我が国トップリーグのWリーグ参戦4年を経過して、東京羽田ヴィッキーズのクラブ理念である「地域と共に歩み、皆さんをもっと元気にします」をスローガンとして東京都大田区羽田から飛躍を期す同クラブの日頃の活動が、私が力を入れている「国家戦略特区を活用して東京を世界一の都市へ。大田区も活性化し、羽田跡地の再開発推進」と合致してパートナーシップが可能であるとの思いから会長を引き受ける事にしました。

ヴィッキーズは創部40年余のチームで従来から大田区他の小・中学校バスケットボールクリニックや出前授業など地域の元気創出の為に活躍しており、現在も大田区観光PR特使を委嘱されて地域の各種イベント出演、観光PR行事などに積極的に参加して地域の活力アップに多大な貢献をしています。

私も東京羽田ヴィッキーズと一緒に地域が更に元気で活力ある街になるように取り組んでまいりますので、東京羽田ヴィッキーズの応援ともどもどうぞよろしくお願い致します。

平 将明 

東京羽田ヴィッキーズの事業活動

東京羽田ヴィッキーズはスポーツの普及活動として青少年を対象として、学校やスポーツクラブでのクリニックの開催をはじめ、次のような様々な活動を行なっております。

☆クリニックはバスケットボールの基礎技術
(ボールハンドリング、パス、ドリブル、シュート)とバスケットの楽しさを選手と一緒に体験する内容です

IMGP9868

ページトップ