【ゲームレポート】2015.12.20 VS 日立ハイテク

2015-12-22
LINEで送る

チーム名 1st 2nd 3rd 4th TOT
羽田 15 9 11 12 47
日立ハイテク 10 20 12 10 52
1Q 羽田ボールで試合開始。 両チーム共にマンツーマンディフェンスでスタート。先制は羽田#11森本。すぐさま日立#7八木が取り返す。その後羽田#11森本がバスケットカウントワンスローを決め5-2と羽田が3点リードする。日立は羽田の厳しいディフェンスに押され得点に繋がらない。羽田#6安江のジャンプシュートで残り7分を切って7-2と羽田が5点リードする。日立は#5山田が入り流れを変え、日立#3高橋(香)、#5山田が連続で決め7-8と日立が逆転するが、羽田#11森本が決め、9-8と再逆転をする。日立#14鈴木がゴール下を決め9-10と再々逆転、羽田#15落合バスケットカウントワンスローを決めて12-10で羽田が再び逆転。羽田#9杉中が3PTSを決め、15-10で羽田が5点りードで1Q終了。
2Q 日立ハイテク#3高橋(香)が3PTSで先制ゴールを決め、日立は羽田のミスを誘い#3高橋(香)が連続ゴールを決め15-15と同点となる。羽田は#11森本が入り流れを変えようとするが日立#3高橋(香)が3PTSを決める。取っては取られのシーソーゲームが続き19-20日立が逆転したところで、羽田1回目のタイムアウトを請求。日立の連続ゴールで19-24と日立がリード。その後も取ったり取られたりのゲームが続き、日立#5山田がインターセプトからシュートを決め、24-30と日立が6点リードして前半を終了。
3Q 開始早々日立#14鈴木の連続ゴール、#4外山のゴールで日立が点差をつける。羽田は開始から2分でタイムアウトを請求。タイムアウト後羽田#11森本のジャンプシュート、#6安江のフリースローが決まり8点差とするが、日立#4外山ドライブインで取り返す。残り4分26-36日立10点リードとなる。残り15秒で羽田#15落合が2PTSを決めるが35-42と日立7点リードで4Qへ。
4Q 開始から双方激しいいディフェンスで互いに得点を許さない。日立#13鶴見が先制ゴールをきめると羽田#24金本がフリースローを2本決め取り返す。羽田37-44日立と7点差のまま残り7分で日立はタイムアウトを請求。羽田#31高木が3PTS、2PTSの連続ゴールで42-44と羽田が2点差につめよる。羽田#77柳瀬3PTSで45-44と逆転する。日立は#18高橋(礼)、日立#3高橋(香)、羽田は#31高木、日立#18高橋(礼)、#13鶴見がゴールを決め、残り1分41秒で47-52日立が6点リードしたところで、羽田が後半2回目のタイムアウトを請求。羽田は早く攻めるもシュートが決まらず、逆に日立はボールをコントロールし時間を稼ぐ。残り16秒羽田3回目のタイムアウトを請求したが、このまま逃げ切った日立ハイテクが47-52の5点差で勝利を収めた。
ページトップ