【ゲームレポート】2015.12.19 VS 日立ハイテク

2015-12-22
LINEで送る

チーム名 1st 2nd 3rd 4th TOT
羽田 12 18 10 13 53
日立ハイテク 8 15 14 14 51
1Q 羽田ボールで試合開始。 両チームマンツーマンディフェンスでスタート。先制は(羽田)#11森本。(羽田)#6安江がインターセプトからのレイアップシュートを決め、好スタートを切る。残り5分29秒(羽田)10-4(日立)。(日立)はたまらず1回目のタイムアウトを請求。その後も流れは変わらず、両者厳しいディフェンスで立ち向かう。日立はカットインで羽田のディフェンスを崩すがなかなか得点につながらない。(日立)#18高橋礼がファールを誘いフリースローを2本決める。直ぐさま(羽田)#15落合が2PTSで取りかえす。羽田12-8で1Q終了。
2Q (羽田)#7秋元2PTS、#77柳瀬がバックシュート、#31高木と3連続ゴールと好スタートをきる。残り8分13秒(羽田)19-8(日立)。日立も#12西澤が2PTSを連続で決め#3高橋香がレイアップで反撃に出る。残り3分51秒(羽田)24¬-16(日立)8点差まで追い上げる。流れを断ち切りたい羽田はタイムアウトを請求。その後、羽田は効率的にシュートを決め(羽田)30-23(日立)で前半終了。
3Q (羽田)#11森本が先制ゴールを決め、続いて#15落合が2PTS決めるが直ぐさま(日立)#7八木が3PTSで反撃する。(羽田)#77柳瀬のアシストにより#24金本がゴール下を決める。両チーム点の取り合いが続くが残り4分44秒(羽田)36-28(日立)。日立#4外山2PTS、#3高橋香のカットインで連続シュートを決める。残り1分40秒(羽田)36-32(日立)、4点差に追い詰められ羽田タイムアウトを請求。悪い流れをタイムアウトで断ち切った羽田が3点リードで4Q最終Qへ。(羽田)40-37(日立)
4Q (羽田)#11森本の先制で開始。羽田は厳しいディフェンスで24秒オーバータイムを奪うも、日立も羽田のミスを誘い互いに得点を許さない。両チーム一歩も譲らないまま残り5分30秒(日立)#7八木が3PTSを決めて42-42の同点となったところで、羽田がタイムアウトを請求。(日立)#4外山2PTS、#18高橋礼のゴール下と効果的にポイントを重ねていく。残り2分13秒(羽田)46-48(日立)と逆転する。羽田#15落合、#11森本が決め(羽田)50-48(日立)と再逆転。残り48秒で羽田3回目のタイムアウトを請求。日立はチームファールが重なりフリースローを与える。残り11.6秒日立は3回目のタイムアウトを請求(羽田)53-48(日立)。日立#7八木が3PTSを決めるが惜しくも届かず(羽田)53-51(日立)で試合終了。羽田は今シーズンホームゲーム初勝利となった。
ページトップ