【ゲームレポート】2015.12.5 VS トヨタ紡織

2015-12-05
LINEで送る

チーム名 1st 2nd 3rd 4th TOT
羽田 16 12 16 11 55
トヨタ紡織 20 11 20 23 74
1Q 両チームともマンツーマンディフェンスでスタート。先制はトヨタ紡織#13畠中しかし、すぐさま羽田#6安江が取り返す。羽田#11森本の連続シュートが決めるもトヨタ紡織は#9野町が3PTSを決めて互角の展開。4分を切ったところでトヨタ紡織#15山下が3PTSを決めて12-14とし逆転する。両チーム互いに着実にシュートを決めてトヨタ紡織が16-20でリードし第1Q終了。
2Q 2Q先制は羽田#9杉中の3PTS。しかし、トヨタ紡織も譲らず#15山中も3PTSを沈める。流れを掴みたい羽田は残り7分12秒で19-25羽田は前半1回目のタイムアウト。直後に#9杉中がインサイドでシュートを決めるも試合の硬直した展開は変わらない。羽田はミスが出てき始めたところで再びタイムアウト。タイムアウト明けも試合は動かず拮抗した試合展開が続きトヨタ紡織もタイムアウトをとるが変わらない。そのまま時間がすぎ28-31とトヨタ紡織3点リードに変わり前半終了。
3Q 3Qの先制はトヨタ紡織#15山中、#7水野らが3連続で決め開始1分でリードを広げる。たまらず羽田は後半1回目のタイムアウトを請求。しかしトヨタ紡織の流れは変わらず#15山中が再び3PTSを決める。残り5分を切り羽田#15落合が3PTSを決めて流れを引き寄せようとするが、トヨタ紡織#15山中が負けじと3PTSを決める。羽田が3PTSをきめればトヨタ紡織はバスケットカウントで返すなど再び互角の展開へ。終盤に羽田#15が孤軍奮闘し点差を縮め44-51と最終Qへ。
4Q 引き離したいトヨタ紡織が#33長部のリバウンドシュートで先制し、さらにフリースローなどで加点していく。ここで勝負を決められたくない羽田は残り7分58秒に後半2回目のタイムアウト。しかしタイムアウト後もトヨタ紡織#15山中が効率的に得点し流れは変わらない。羽田は#15落合や#7秋元が単発でシュートを決めるもチームにミスが多く流れを引き寄せられない。パスを効率的に回し得点を重ねたトヨタ紡織が55-74で勝利を収めた。
ページトップ